コンピュータープログラミング
Scuredoc%E3%83%AD%E3%82%B4_edited.png

米国国防総省認定した、ディスク暗号化ソフトウェア

クライアントPCの起動制御、ディスク暗号化、外部メディアからの情報漏洩防止

一つのソフトウェアで実現

SecureDocの特徴

一般的な暗号化.png
セキュアドックによる暗号化.png

HDDを丸ごと暗号化

運用形態.png

​多様な運用方法

オンライン.png

有線LANが接続されており、SecureDoc Enterprise Server に接続が可能な場合、SecureDocのプリブート認証が自動で行われ、認証画面をスキップし、自動的にOSが起動します。

​有線LANが未接続な状態やSecureDoc Enterprise Server に接続ができない場合にはプリブート認証を行い、OS起動します。


 

オフライン.png

※Wi-Fiを使用したプリブートネットワーク(PBN)も可能です。 IEEE802.1xによる認証LANにも対応しております。

​※PBN機能は、パソコンのネットワークカード、Wi-Fiアダプタ や Wi-Fiのアクセスポイント と SecureDoc の Pre-Boot との相性があるため、必ず事前に動作確認をお願いします。

AutoBoot機能

外部コントロール.png

​ポート・外部記録媒体

その他の特徴

bitLoker.bmp

BitLocker/FileVault2管理に対応

BitLocker/FileVault2を導入したクライアント端末へのポリシー配布・ワンタイムパスワードの発行が可能

SecureDocがインストールされたクライアント端末とともに、BitLocker/FileVault2で暗号化された端末もSESから一元的に管理でき、情報システム管理者の負担を大幅に軽減できます。​

外部媒体.bmp

​USBコンテナ暗号化機能

市販のUSBない領域にSecureDocが暗号化領域を作成

同じ暗号鍵を所持している環境では、ユーザはパスワードを使用することなく、媒体の読み書きができます。

オプションにて、パスワード保護の設定をすることで、SecureDoc未導入端末でも暗号領域に格納されたデータの読み書きができます。

認証トークン.bmp

​二要素認証対応

​指紋認証デバイスや、USBトークンなど、国内で販売されている認証トークンに対応しています。

※モデルによっては対応していないものもあります。

OPAL.bmp

​OPAL規格対応

導入時の暗号化時間”ゼロ”

暗号化後のパフォーマンス低下”ゼロ”

工場出荷時にすでに暗号化されているハードディスクの認証をSecureDocが一元管理します。

※OPAL規格とは、TCGのディスク暗号化標準仕様です。

パフォーマンス.bmp

優れたパフォーマンス

パフォーマンスを下げないディスク暗号の実現

SecureDocのCPUへの負荷は10%未満で操作性への影響はほとんど感じません。

初回の暗号化時間は標準的な1GBあたり2~4分です。


 

■ 動作環境

クライアント   : SecureDoc

OS          : Microsoft Windows 10

              Microsoft Windows 8 / 8.1

              Mac 10.12.2 (Sierra) ~ 10.15.5 (Catalina)

              Ubuntu 14.04 LTS~14.04.5 LTS

        Ubuntu 16.04 LTS~16.04.6 LTS

        Ubuntu 18.04.1 LTS~18.04.4 LTS             

        RedHat 6.6 ~ 8.2

            CentOS 7.2-1511~8.1-1911

              ※32bit版、64bit版、いずれも使用可能

CPU        : Intel、AMD、または互換プロセッサ(1GHz以上)

メモリ     : 512MB以上

HDD       : 800MB以上の空き容量

                 ※インストールするドライブには10%の空き容量が必要

管理サーバ : SecureDoc Enterprise Server

OS          :Microsoft Windows Server 2012

                   Microsoft Windows Server 2012 R2

                 Microsoft Windows Server 2016

                   Microsoft Windows Server 2019

                   ※Microsoft社のサポートに準ずる

                       ※32bit版、64bit版、いずれも使用可能
                       ※最新のサービスパックが適用されていること

データベース   : Microsoft SQL Server 2012

                       Microsoft SQL Server 2012 R2

                       Microsoft SQL Server 2014

                       Microsoft SQL Server 2016

                       Microsoft SQL Server 2017

                       Microsoft SQL Server 2019

                       ※Express Editionでの運用も可能です。

その他必要要件:Microsoft .Net Framework 4.0+

        Microsoft .Net Framework 3.5
        Microsoft Windows Identity Foundation 3.5

CPU      :Intel互換 1GHz以上

メモリ     :1GB以上推奨

HDD       :40GB以上推奨

スクリーン解像度

        :横幅1200ピクセル以上

■主な機能

ディスク暗号化
OS起動前制御
外部デバイス暗号と制御
Windowsとのパスワード同期(SecureDocパスワードとの統合)
BitLockerデバイスの一元管理
OPAL規格対応(自己暗号化機能付きディスクの暗号化)

■暗号アルゴリズム

AES 256bit

■標準規格への準拠

Common Criteria EAL-4

FIPS140-1&2

NISTによるAES認定

■クライアント認証方法

パスワード
USBトークン・ICカード:
-ActivIdentity, G&D, Gemalto,Yubikeyのトークンの対応
-RSA個人鍵,デジタル証明書
-PKCS#11準拠
-FIDO U2F, FIDO2準拠

SecureDoc は、WinMagic(カナダ)の商標登録です。Windows は、米国

Microsoft Corporation、および、その他の国における登録商標または商標です。

その他記載の会社名・製品名は、それぞれの会社の商号・商標もしくは登録商標です。

​製品概要