ワーキング

WEBROOT®

SecureAnywhere

エンドポイントにおけるマルウェア防御の革新的なアプローチを提供

ハッシュベース・フルクラウドの超高速・超軽量セキュリティ

Webroot.bmp

WEBROOT サービスの特徴

フルクラウド型の次世代セキュリティ

定義ファイルが不要のハッシュベースのクラウド型のシステムを採用、リアルタイムに最新の保護を提供します。定義ファイルの更新の必要がないため、見つかったばかりのマルウェアも即座にすべてのエンドポイントで対応することが可能です。

未知のマルウェアに対する最大限の防御

革新的なファイル形式&行動認証テクノロジーを採用。未知のマルウェアに対しても、行動を監視し、分析することで対応することが可能です。

黒判定された際には、即座にクラウドのデータベースが更新され、他のユーザーにも展開されます。

社内ネットワーク外のユーザーも保護

ネットワークの処理能力を低下させる大容量のアップデートファイルが不要。社内ネットワークに未接続のユーザーもアップデートも不要で新しい脅威に対し全てのユーザーを直ちに保護します。

多層防御/リアルタイムアンチフィッシング

ウェブルートはエンドユーザーの端末を多層的に防御しています。

リアルタイムに悪意のあるサイトから守るために、URLチェックを実施し悪意のあるサイトからの攻撃を防ぎます。また、実行ファイルベースのファイルスキャンが最終的にクライアントで悪意のある行為が行われることを防ぎます。

自動化により管理も容易に

クライアントエージェントをインストールしたすべてのエンドポイントを集中管理。SaaS型のセキュリティ管理と報告システムにより、サーバー用のハードウェアの導入や別ソフトウェアの導入など煩わしい管理が不要になります。

PCのスローダウンや生産性の低下からの解放

初回のスキャンは数分以内、その後のスキャンはさらに短縮されます。スキャン中のCPUの使用は最初限で、PCのパフォーマンスの低下を防ぎます。

超高速で手軽な配備が可能

業界最小クラスのエンドポイントセキュリティクライアント/エージェント(3MB)により、インストール時の所要時間は通常数十秒以内と高速。他社製品との共存も可能です。

​従来型製品の問題点に対するウェブルートのアプローチ

​​管理者

​エンドユーザー

​従来型アンチウィルス製品の問題

​WEBROOTのアプローチ

サーバー等のオンサイトでの運用インフラストラクチャが必要

すべてのユーザに定義ファイルを配布するのに時間がかかる

社内LANの外にいると端末状態の把握が出来ない

製品の展開(インストール)に時間がかかる

インストール・モジュール(数十~数百MB)が大きすぎる

サポート依頼時に対応に時間がかかる

SaaS型のクラウドコンソールを標準で提供

定義ファイルの配布は不要で、常に最新の保護を提供

ロケーションフリーで全ての端末の状態把握が可能

インストール時間はたった数十秒・初期スキャンも数分で完了

インストールモジュールはわずか3MB強

製品内サポート機能(チケット)を使用することで、迅速な対応が可能

スキャン時にPCに負担がかかり、作業の生産性が低下している

常に新しい定義ファイルを取得して、端末に適用する必要がある

ゼロデイ脅威などにはシグネチャベースでは対応ができない

基本的に自社の脅威情報をベースにマルウェアに対抗している

新しい脅威の検出から全てユーザのアップデートに2週間かかる

超高速で、パフォーマンスにインパクトの無いスキャン

クラウドの脅威情報ベースにハッシュ検知を利用し、リアルタイム保護を実現

シグネチャは不要で、ビヘイビアベースにより新しい攻撃の検出

新しいマルウェアを特定したあと、すべての顧客をリアルタイムで保護

グローバルセキュリティ/ネットワークベンダー約100社と脅威情報の共有

​管理コンソール

Webベースの管理コンソール1つで、すべてのエンドポイントの集中管理が可能です。

​直感的なインターフェースを利用したエンドユーザーのポリシー管理が容易に行えます。

​製品トライアル/移行

​​エンドポイントにインストールされている他のセキュリティ製品と競合しないので、トライアルや移行に際して既存のソフトウェアのアンインストールが不要です。並行して気軽に配備インストールが行えます。

​従来の移行ステップ

oldpc15420_edited.png
oldpc15420_edited.png
oldpc15420_edited.png

​他社製品

​エンドポイントなし

%E3%83%AD%E3%82%B4_edited.png

​ウェブルートの移行ステップ

newpc15420_edited.png

​他社製品

newpc15420_edited.png

​他社製品

newpc15420_edited.png
%E3%83%AD%E3%82%B4_edited.png
%E3%83%AD%E3%82%B4_edited.png
  • 従来のセキュリティ製品を新しくインストールする際には、既存の製品のアンインストールが必要。

  • 移行する際にセキュリティがインストールされていない空白の時間が発生。

  • アンインストールしてから、新しいソフトのインストールが必要なので以降の実施に時間が必要。

  • ウェブルートエンドポイントプロテクションを新しくインストー
    ルする際には、既存の製品のアンインストールは不要。

  • セキュリティソフトがインストールされていない空白の時間が
    ありません。

  • 製品をインストールしてから、既存の製品のアンインストール
    ができるので、効率的に移行を完了することが可能。

  • トライアルのキーコードを引き継いで、製品版への移行ができ
    るので、検証から配備までの時間を削減可能。

​パフォーマンス比較

​製品名

​最終スコア

Webroot SecureAnywhere Endpoint Protection

​84

Symantec Endpoint Protection Cloud

75

ESET Endpoint Security

62

Malwarebytes Endpoint Protection

60

Bitdefender GravityZone Business Security

​51

Trend Micro Worry-Free Business Security Advansed

​50

​パフォーマンス測定結果

インストール時間 …………

インストールサイズ ………

アイドル時のCPU使用率…

システム アイドル時の……

メモリ使用量

最初のスキャン実行時の …

メモリ使用量

1位

​1位

​1位

​1位

​1位

予約スキャン実行時の ………………

メモリ使用量

予約スキャン実行時間 ………………

ファイルの書き込み、ファイルを …

開く、ファイルを閉じる

1位

 

​1位

​1位

​※Passmarkによる調査(2019年3月)/資料ダウンロードリンクhttps://www-cdn.webroot.com/8815/5499/5736/PassMark-Performance-Benchmark-2019.pdf

​独自アーキテクチャ「リアルタイム脅威モニタリング」

[特徴]

  • ハッシュベース・フルクラウドの超高速・軽量セキュリティ

  • 定義ファイルのアップデート不要/常に最新の保護を提供

  • 他のウィルスの対策製品と競合なし/​トライアル・展開が容易

  • グレー判定による未知の脅威対策/標的型攻撃に感染した場合を想定

  • ​サーバー投資のいらないSaaS型管理コンソール

既知のファイルの場合

​WEBROOTクラウド型脅威インテリジェンス

​既知ファイルハッシュDB

0319085005.png
0319085005.png
kuro.png

振る舞いDB

その他脅威DB

3162ノートパソコン (1).png

​新しいファイル

​WEBROOT

​ハッシュ化

0319085005.png

[白]ファイル

[黒]ファイル

​​静的判定

DB登録確認

​GOOD

Bat

フルクラウド型の最高性能を

引き出す​ハッシュ照合を実施

check_mark-2.png
no_symbol-2.png

既知のファイルの場合

​WEBROOTクラウド型脅威インテリジェンス

0319085005.png
0319085005.png
kuro.png

振る舞いDB

その他脅威DB

3162ノートパソコン (1).png

​新しいファイル

​WEBROOT

​ハッシュ化

0319085005.png

[グレー]ファイル

[黒]ファイル

​​動作判定

DB登録確認

​Unknown

Bat

フルクラウド型の最高性能を

引き出す​ハッシュ照合を実施

​既知ファイルハッシュDB

DB登録確認

no_symbol-2.png
はてな.png

​システム要件

PC

  • Windows® 7 32 及び 64-bit (all Editions)

  • Windows 7 SP1 32 及び 64-bit (all Editions)

  • Windows 8 32 及び 64-bit

  • Windows 8.1 32 及び 64-bit

  • Windows 10 32 及び 64-bit

  • macOS 10.13 (High Sierra®)

  • macOS 10.14 (Mojave®)

  • macOS 10.15 (Catalina®)

  • macOS 11 (Big Sur®) with Apple M1 ARM or Intel® processors

​サーバー

  • Windows Server® 2012 R2 Standard, R2 Essentials

  • Windows Server 2008 R2 Foundation, Standard, Enterprise

  • Windows Server 2003** Standard, Enterprise, 32 及び 64-bit (must support SHA-2)

  • Windows Small Business Server 2008, 2011, 2012

  • Windows Server 2003** R2 for Embedded Systems

  • Windows Embedded Standard 2009 SP2

  • Windows XP Embedded SP1, Embedded Standard 2009 SP3

  • Windows Embedded for POS Version 1.0

  • Windows Server® 2016 Standard, Enterprise and Datacentre

  • Windows Server® 2019 Standard Server with Desktop Experience

  • Windows Server® 2019 Datacenter Server with Desktop Experience

  • **必須条件 SHA-2 対応

​VMプラットフォーム

  • VMware® vSphere® 5.5 以前 (ESX®/ESXi 5.5 以前),

   Workstation 9.0 以前 / Server 2.0 以前

  • Citrix® XenDesktop® 5, XenServer® 5.6 以前,

     XenApp® 6.5 以前

  • Microsoft® Hyper-V® Server 2016

  • Microsoft® Hyper-V® Server 2012, 2012 R2

  • Microsoft® Hyper-V® Server 2008, 2008 R2

  • Virtual Box

​ブラウザ

  • Google Chrome® 以降

  • Internet Explorer® version 11 以降 (Windows XP IE8)

  • Microsoft Edge® (partial support)

  • Mozilla Firefox® version 3.6 以降

  • Safari 5 以降

  • Opera 11 以降

[​提供要件]